顔が長くて鼻が低い。

顔が長くて鼻が低くなるのは、「上顎骨 じょうがくこつ」の下がり方、下がる角度の問題です。

肩コリが原因で下顎骨、下のアゴの骨が下がると、上顎骨上のアゴの骨も下の支えがないので、下がります。

その上顎骨の下がる角度によって鼻が低くなります。

というのは、鼻は軟骨でできています。鼻の軟骨は上顎骨の上に「テントを張るように」載っているだけです。

土台の上顎骨の位置がずれると、鼻の軟骨もずれてしまいます。

この時のズレル角度によって、鼻が低くなります。

鼻が低いのはDNAの問題ではありません。

アゴの位置を回復させて、鼻軟骨の位置を元にもどせば鼻の高さは高くなります。

プロテーゼを入れる必要はありません。

 

 

動画で説明をしています。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    KEN (木曜日, 10 11月 2016 21:25)

    なるほどー参考になりました