年と共に顔が長くなる、それはアゴの骨が成長したから?いいえ違います。

アゴの骨が成長したから顔が長くなる、アゴが長くなると言うのは間違いです。

 

人間は成長の過程で背が高くなり、身長が伸びるのが止まる時期がきます。

 

女性は20歳前後、男性は25歳くらいで身長が伸びるのがストップします。

 

骨の成長がストップすると、細胞のカウントダウン、「老化」の始まりです。

 

年と共に顔が長くなるのは、30代、40代になってアゴの骨が成長したのかしら?・・・て考える方もいると思います。

しかし、成長期の後、アゴの骨だけが縦長に伸びることはありません。

アゴの骨は成長しません。

 

アゴの骨が長くなって見えるのは肩コリが原因で、アゴを支える筋肉や顔の表情筋が歪む、捻じれる、弛み骨に影響しているだけです。

 

肩コリが原因なので、

「アゴが長くなったので削ればいいか。」といってアゴの骨を削っても、また顔は長くなります。

 

肩コリが続いている限り顔は長くなります。

 

年と共に顔が長くなってきた。

それは骨の成長ではなく、肩コリが原因です。

 

 

時間がある時に下の動画もご覧ください。