呼吸を使って顔を短くしよう。

顔が長い、対策です。

呼吸で顔の幅を広げよう、という話です。

 

耳のところのほねを側頭骨と言います。

顎関節がついています。

 

 

 

 

側頭骨と顎関節は」ココ!
側頭骨と顎関節は」ココ!

側頭骨が肩コリの筋肉僧帽筋に押し上げられて前方回旋して

顎関節は下がってしまいます。 

 

長い顔を短くするには

下に落ちた顎関節、アゴの骨を上げれば良いわけです。 

 

 という事は

側頭骨を後方回旋させればよいわけです。

 

でも頭蓋骨は自分の意識で動かすことが出来ない骨です。

 

 ではどうすればいいのかしら?

 

呼吸を使います。

 

 側頭骨は呼吸のときに動きます。

僅かですが、動きます。

この事を利用して側頭骨を後方回旋させます。

 

どう動くかというと

 

この手が側頭骨だとして・・・・

「吸って」「吐いて」・・・

 

吸って、側頭骨が後方回旋です。
吸って、側頭骨が後方回旋です。

顔が長い人は

「吸って」がちょっと苦手な人が多いように思います。

「吸って」に集中して、呼吸をしてみて下さい。

 

側頭骨が後方回旋すると

顔の幅が出てきます。

そうすると顔の体積は変わらないから、

顔の長さが短くなります。

吸ってで顎関節が上がるよ。
吸ってで顎関節が上がるよ。
吐いて、で顔がながくなるよ。
吐いて、で顔がながくなるよ。