長い顔 睡眠でセルフケア

こんにちは。

小顔の美容塾の山口さゆりです。

 

いつもご覧いただきまして

ありがとうございます。

 

長い顔で疲れ顔に見えてしまう方に

私がお勧めするケアのご紹介です。

 

長い顔の原因である、

自律神経の緊張をゆるめる

質の高い睡眠をとれば

顔は短くできることを

お話ししたいと思います。

 

この動画をご覧の皆様は

仕事はスケジュールが

つまっていて忙しい。

 

休みの日にも予定が入っていて

ゆっくり休めない方が

多いのではないかと思います。

 

忙しくてゆっくりできない状況は

疲労物質が身体に溜まりやすく

疲れが取れにくい上に、

自律神経が強く緊張します。

 

仕事をしたのだから疲れて当たり前

休みの日にしかできないこともあるし、

気分転換もできている。

 

その日の疲れは寝ればとれる、

 

大丈夫と

思っているかもしれませんが

 

実際には、

寝ても取れない疲れを

感じておられますよね。

 

 

疲労の回復とは

 

1、毛細血管の血流によって

  身体の隅々に溜まった

  疲労物質である乳酸、尿酸を回収。

 

2、肝臓で分解。

 

3、腎臓でろ過して尿で排泄する。

 

ことをいいます。

 

この1の疲労物質を回収する作業は

寝ている時にしかできません。

 

疲労物質が身体にあると

自律神経は緊張します。

 

自律神経が緊張していると

毛細血管は閉じて

血流は少ないままです。

 

 

自律神経が緊張していなければ、

毛細血管は開いて

身体中の乳酸、尿酸を

血流にのせて回収し、

 

肝臓で分解、

 

尿で排泄できるのです。

 

自律神経は

身体を横にしたからといって

すぐにゆるむものではありません。

 

自律神経が緊張したままだと

眠りが浅くなり

毛細血管が開かず

疲労物質を回収できないのが

仕事が忙しく

休みもしっかりとれてない方の

お顔が細長く疲れて見える

1番の要因です。

 

長い顔で疲れ顔に見える方に

お勧めしているケアがあります。

 

このケアをなさると

自律神経の緊張がゆるみ、

毛細血管は開いて

血流が良くなり

疲労物質がきれいに

回収されます。

 

身体の疲労物質が

お掃除されたようにきれいになると

疲れがなくなり、

自律神経のバランスも良くなって

お顔が穏やかで暖かな印象の笑顔に

変化していきますよ。

 

同時に、

お身体の不調も改善されます。

 

 

仕事が忙しく、

長い顔で疲れて見える方は

自律神経のバランスを

ご自分でコントロールできれば

疲れの回復が早くできます。

 

よい睡眠をとって、

身体の溜まった疲れを解消する

セルフケアをご紹介します。

 

 

寝る前に行ってください。

 

お部屋の明かりをできるだけ暗くして、

ベッドの上で正座または胡坐をかいて

上半身の背すじを伸ばします。

 

または椅子に腰かけても大丈夫ですよ。

 

背中を伸ばした姿勢を

安定させることが大事です。

 

呼吸のリズムを整えることに集中します。

 

呼吸のリズムがポイントです。

 

1、2で鼻から吸って

 

3,4、5,6で口から吐きます。

 

この呼吸を10回1セットしてから

ベッドに入り横になります。

 

 

ゆっくりしたリズムで呼吸をすると

脳が自律神経に影響を与えます。

 

この呼吸によって

脳の中で

身体をしっかり休ませる

自律神経の働きが強くなるのです。

 

横になる前に

呼吸をコントロールして

身体を

ゆったりしたリズムに置いてあげると

 

横になってから、

身体の知覚神経が

本当に「休める時が来た。」ことを

強く自覚するのです。

 

ゆっくりしたリズムの呼吸で、

身体と自律神経の緊張を

緩めて差し上げてください。

 

結果、

睡眠の質が数段良くなるのです。

 

良い睡眠は

身体によいのはご存じの通りですが

 

眠りが浅いと

毛細血管が十分に開かなくて

 

身体の疲労物質の掃除ができません。

 

この疲労物質がいつの間にか溜まった

疲れの正体なのです。

 

疲労物質をお身体から排泄できれば

疲れ顔は改善できます。

 

疲れが取れれば

自律神経の緊張は

ゆるんで笑顔が多くなり

長い顔が短くなります。

 

これからは

忙しい仕事を

コントロールするだけでなく

 

皆様ご自身の

見えてない疲れのコントロールも

ぜひなさってみてくださいね。

 

今日は長い顔で疲れて見える方の

睡眠でセルフケア

をお話しいたしました。

 

 

今日もご覧いただきまして

ありがとうございました。

 

 

顔を短くするセルフケア顔を短くする生活習慣に戻る

 

コメント: 0