眼球突出で悩んでおられる方への施術

眼球突出で悩んでおられるの方への施術

 

こんにちは。小顔の美容塾の

山口さゆりです。

 

今回は眼球突出、

目が出ている方への施術を

ご紹介いたします。

 

最後にセルフケアもご紹介いたしますが

正直なところ、

セルフケアだけで

「眼球突出」が改善した方は

まだ見たことがありません。

 

このセルフケアでは

私の施術後の

改善した状態をキープするのに

適しているように思います。

 

施術後にセルフケアをして

目が出ていない状態を

キープできている方の実例は

たくさん見ていますので、

ぜひセルフケアもご覧ください。

 

「眼球突出」、

いわゆる「出目」を改善したいと

ご要望をいただくことが多々あります。

 

「眼球突出」で悩んでおられる方からは

 

怒っているのかと思われてしまう。

小さい時からあだ名は「出目」

瞬きするのも大変で

目の周りにいつも力が入って疲れる。

美容整形手術では眼球を小さくはできない、

一生治らないと諦めていた。

 

などをお聞きします。

 

また、私が悲しく思ったのは

若いお嬢さんが

「私の顔って

いつも目を見開いている仁王像みたい。」

と自虐的におっしゃったことでした。

 

同じお悩みの皆様

眼球突出は施術で治ります。

 

というか、私が治します。

 

目が飛び出してみえるのは

自律神経の緊張で頭部の骨がゆがみ

眼球が収まっている頭蓋骨の窪みが

浅くなっているからです。

 

頭の骨は通常、

上から見て前後に長めの楕円形ですが

自律神経の緊張で

頭部が歪むと

人によっては

頭蓋骨が横に広い楕円形になり

眼球が入っている窪みも浅く変形します。

 

目球の大きさは変わらないので

窪みが浅くなった分、眼球が突出してみえるのです。

 

頭蓋骨のゆがみを解消して

奥行きを回復すれば

眼球突出は改善できます。

 

私の施術では

自律神経の緊張をゆるめ

頭蓋骨に付着する筋肉のコリを柔らかくして

頭の骨と顔面骨のゆがみを

解消することができます。

 

つまり、、「眼球突出」を改善できるのです。

 

特に眼球が入っている窪みの

上側の蝶形骨と

下側の上顎骨のズレを調整する技術には

自信があります

 

実は同じ施術で

目の形や左右の位置のズレなども

改善できるんですよ。

 

頭蓋骨の歪みを整えて

眼球突出を改善したお客様は

 

アイコンタクトをとれるようになった。

人の目が気にならなくなった。

目が優しいと生まれて初めて言われた。

瞬きが楽にできる。

女性は

ポイントメイクを楽しめるようになった。

目薬とサングラスが必需品でなくなった。

 

と喜んでいただいています。

 

自律神経の緊張をゆるめ、

頭部に付着する筋肉の歪みを解消して

優しい目元を維持するために

セルフケアは欠かせません。

 

自律神経の緊張をゆるめるための

セルフケアの動画のURLを

下の説明欄に貼っています。

ぜひご覧ください。

 

今回は眼球突出で悩んでおられる方への

施術をご紹介いたしました。

最後までご覧頂きましてありがとうございました。

 

 

 

施術の実例に戻る